バス不要のスノボツアー

category01

旅行会社が取り扱いをしているスノボツアーというものは、行き先となっているゲレンデもさまざまですが、そのほかにも多様な種類にわかれているものです。


たとえば、一般的なスノボツアーというのは、新幹線、またはバスに乗って現地に向かうということになっています。

特に、格安をうたっているスノボツアーや、日帰りで行けるというスノボツアーの場合であれば、ほとんどがバスを利用する形態になっているはずです。



しかし、実はなかにはバス不要のプランとして提供されているようなものもあり、意外なことにそれなりに人気があります。このバス不要のプランですが、旅行代金として含まれているものには、ホテルや旅館の宿泊代、食事代、プールや温泉の利用券、ゲレンデでのリフト券といったものがあります。

日帰りスノボ情報はこちらに集まります。

要するに、集合場所から現地までの往復にあたるバス代が含まれていないということになります。
こうしたプランであれば、現地にはマイカーなどの手段で自前で移動して、帰りについても同様ということになります。

家族や友人をさそってスノボを楽しむということが前提であれば、ガソリン代を人数で割った代金というのは、一人ずつバスの料金を支払うよりも、かえって安上がりになることがあるというわけです。

Yahoo!ニュース情報を集めました。

バス不要プランで現地に到着した場合ですが、ホテルや旅館のフロントのほうで、クーポン券、引換券などといったものの受け渡しをしてもらうことになります。

ただし、フロントが開いている時刻はホテルなどによってまちまちですので、その点については気をつけておくのがよいでしょう。

身に付けたい知識

category02

スノボツアーの多くはバスで移動するのですが、あまり荷物が多いとバスまでの移動が不便になる場合があるので、必要最低限の荷物にすると利便性が高くなります。最低限の荷物は、スノボの板とブーツ、ウエア、ゴーグル、グローブがあるのですが、これらの物はスキー場でレンタルできるので、省略する事ができますが、レンタル品は粗悪な物や板のワックスが不十分な物などがあり、楽しめない可能性もあるので、所有している場合は持参した方が無難となります。...

subpage

意外な真実

category02

気の合う仲間と、冬の思い出作りにスノボに行きたいという人におすすめなのが、北海道です。スノボをしている人なら誰でも憧れている北海道は、雪質が大変よく、ゲレンデの積雪量も多いため、ふわふわで柔らかい雪の上を爽快に滑ることができるところが大きな魅力です。...

subpage

詳しく知りたいなら

category03

スノボツアーは豊富な種類のプランがあるので、自分で選択できるのが人気です。冬になるとスノボを楽しみたいという人が多く、ツアーにはたくさんの人が申し込んできます。...

subpage

よく解る情報

category04

スノボのツアーについて説明します。スノボのツアーでは、交通費として乗車券とリフト代がパッケージとなっており、非常にお得感があります。...

subpage